リエットガーデン三鷹
リノベーションによる多世代居住の場づくり

敷地が三鷹と武蔵境の間であることから、都会と田舎の良さを併せた、豊かなラーバンライフを目指しました。
敷地にはシェア畑・通り抜けなどを設け、住人や地域の人など関わる人々の「関わり具合」をデザイン。
また、内装では、改修であることを活かしながらもラフ過ぎない、落ち着いたゆとりのあるデザインを行いました。

ご相談はこちら
課題

2015年に役目を終えた築40年余りの社宅と独身寮、そして7,200㎡の広大な敷地は、木々が鬱蒼と生い茂り、地域に対して閉じられた場所となっておりました。築年数ならではの特徴のある建物のデザインや敷地の広さは特別で、リノベーションによるポテンシャルを感じた私たちは、できるだけ敷地を開き、地域の拠り所でありながら、多様な人々が時を共にすることができる「まちのホーム」を作ることを目指し、計画を進めました。

提案・解決方法

社宅は、複数の住戸プランを設け、多様な住まい方に対応できる24世帯のファミリー賃貸住宅『アールリエット三鷹』へ、独身寮は、112名の若者が住まう大型のシェア型賃貸住宅『シェアプレイス三鷹』へと改修しました。独身寮の共用部は、料理や食事、読書、仕事、勉強、映画鑑賞、スポーツ観戦等、多様なアクティビティ・交流が生まれる場所へと生まれ変わりました。また、広大な敷地は視覚的に開くとともに、シェア畑を誘致。さらに、誰もが敷地内の通り抜けをできるようにしました。テーブル、ベンチを設けた『食の広場』や、自然豊かな『森の広場』はオープンスペースとして開放しました。ファミリー賃貸住宅、シェア型賃貸住宅、シェア畑、食の広場、森の広場、それぞれを利用する人たちが、居心地の良さを感じる程よい距離感のデザインを特に重要視しました。

リエットガーデン三鷹のオープン時には、まちびらきフェスを開催。敷地、建物の共用部を開放し、マルシェやワークショップ、アコースティックライブ、ミニSL等様々なコンテンツを実施。入居者、畑利用者、地域住民、子ども達、地元のインテリアショップ、カフェ、アーティスト等、数多くの交流が生まれました。
開業後も日常的に、お子様をつれたご家族や『シェア畑』のご利用者様がこの場を訪れており、かつて閉じられていた場所は、今や『まちのホーム』として多世代の方々にご利用を頂いております。お互いの存在をゆるやかに感じる程度の繋がりが、互いの安心感をもたらしているようです。

物件概要
シェアプレイス三鷹
  • 物件

    リエットガーデン三鷹

  • 物件所在地

    東京都三鷹市上連雀3-10-21

  • アクセス

    JR中央線「武蔵境」駅徒歩8分 JR中央線「三鷹」駅徒歩11分

  • 区画面積

    敷地面積:7169.75㎡ 延床面積:2,695.29㎡ / 1,437.25㎡

  • 従前用途

    寄宿舎(独身寮) / 共同住宅(社宅)

  • リノベーション後用途

    寄宿舎(シェア型賃貸住宅) / 共同住宅(ファミリー賃貸住宅)

  • リノベーション年月

    2019年6月 / 2019年3月

リビタのオウンドメディア
「のくらし」

のくらしは、くらしと心をアクティブにする
リビタのオウンドメディアです。
「住まい」に限らず、
「働く」「旅する」「集う」「学ぶ」など、
様々な領域への
活動を発信しています。
リビタが手がけた事例が
どの様に運営されているか、
垣間見ることができます。

のくらしサイトへ
資料ダウンロード

資料ダウンロード

施工事例をまとめた資料を
PDFで一括ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

お問合せ

買取やリノベーションによるバリューアップ、
事業企画提案など、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら