12 SHINJUKU
築39年のオフィスビルを住まいの機能を持つオフィスビルへ

ミドルオフィス、スモールオフィス、フリーデスクなどの全区画ともに稼働率高く、従前の貸事務所に比べ収益も改善しています。

ご相談はこちら
課題

新宿南口駅前に立ち、新宿駅2番出口をかかえる築39年のオフィスビル。圧倒的な利便性を誇る立地にありながら、隣接の再開発の波から取り残されていました。旧耐震ビルでもあり、また1フロアの面積が広いとは言えない条件だったため、オフィスの空室が目立っていました。
事業期間やコストに制限がある本プロジェクトは、ハード的に、用途変更は難しいという状況の中で、路面及び地下に入っている既存商業テナントと一部の賃貸中既存事務所を残したまま、どのように企画をしバリューを上げていくかが課題でした。

提案・解決方法

オフィス内に、ラウンジ、イベントスペースのほか、キッチン、LDKなどの住まいの機能の一部を持たせることで、働く場に住まいの概念を掛け合わせ、新しい暮らし方、生き方を知るきっかけに出会うことができる、暮らしを自由にするオフィス「12 SHINJUKU」へ。
バスタ新宿に隣接した利便性に富んだ場所に位置し、地方へのアクセスが良いというメリットを最大限に活かしながら、「働く」や「住む」だけにはとどまらない新たな暮らし方のスタイルを提案。家でも働く場でもない、サードプレイスと呼ばれる場所がたくさんある今だからこそ、ファーストプレイス(家)とセカンドプレイス(働く場)の間を模索できる、より自由な働き方、暮らし方、生き方が可能になる場を実現しました。

大手企業のサテライトオフィスや、様々な企業のクリエイティブ部門の方々が入居され、抜群の利便性から、地方との二拠点としての利用も多数。リビングダイニングキッチンでは、休日お子さま連れでオフィス利用されていたり、家族ぐるみでランチを楽しんでいたりと、オフィスや家の在り方が変化し、新しい暮らし方を実践されています。

物件概要
12 SHINJUKU
  • 物件

    12 SHINJUKU

  • 物件所在地

    東京都新宿区西新宿1-1-6

  • アクセス

    都営地下鉄・京王新線「新宿」駅2番出口直結

  • 区画面積

    敷地面積:415.00㎡ 延床面積:4,134.86㎡

  • 従前用途

    オフィスビル

  • リノベーション後用途

    事務所/店舗/駐車場

  • リノベーション年月

    2018年7月

リビタのオウンドメディア
「のくらし」

のくらしは、くらしと心をアクティブにする
リビタのオウンドメディアです。
「住まい」に限らず、
「働く」「旅する」「集う」「学ぶ」など、
様々な領域への
活動を発信しています。
リビタが手がけた事例が
どの様に運営されているか、
垣間見ることができます。

のくらしサイトへ
資料ダウンロード

資料ダウンロード

施工事例をまとめた資料を
PDFで一括ダウンロードができます。

ダウンロードはこちら

お問合せ

買取やリノベーションによるバリューアップ、
事業企画提案など、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら